老化と酸化はなぜ生じる

広告

Pocket

最近何かと話題の酸化。
物質から電子を奪うことで酸化は生じるのだが、
わかりやすく言えばサビである。
鉄などが酸化するとサビてしまう。
そして人間の体も酸化が生じる。
ではどうやって酸化が生じるのだろうか。

体の2大エネルギーといえば、
酸素と脂質である。
この酸素と脂質を使って、
ATP(アデノシン三リン酸)を作る。

糖のみのエネルギーだとATPは2個程度だが、
酸素を介して脂肪を代謝した場合は、
ATPはその18倍の36個できる。
酸素は1度に多くのエネルギーを作ることが、
おわかりいただけたと思う。

しかし、便利だがその反動が生じる。
これが酸化である。
酸化は先ほど述べたように、
物質から電子を奪った状態指すのだが、
酸素は体内で変化したときに活性酸素に変化する。
より細かく言えば、
酸素が酸化してスーパーオキシド。
そしてスーパーオキシドが酸化して過酸化水素。
過酸化水素がヒドロキシルラジカルに変化する。

こうした活性酸素になると危険であり、
タンパク質や脂質、遺伝子情報を傷つける。
それが組織の働きを弱化させたり、
ガン細胞に侵されたりするきっかけとなる。

酸化そのものは炎症、紫外線、
ストレスなどの要因が関係する。
それに対して酸化に対応する抗酸化は、
加齢によって働きが減少する。

酸素を使う人間は常に酸化との戦いでもある。
酸化に対応する抗酸化は
年齢とともに働きが落ちるので、
いかに酸化の増大に
気をつけることができるかが大切である。

炎症や紫外線などの外部要因に注意する他、
ストレスなどの心理的な問題を
うまくコントロールすることが
酸化の予防には大切である。

まとめ

人間は酸素を介して脂肪を代謝することで、
多くのエネルギーを生産できる。
しかし、それによって体は
酸化とも戦わなくはならない。

抗酸化は加齢とともに減少していくため、
炎症や紫外線などの外部要因の注意とともに、
ストレスなどの心理的な問題を
うまくコントロールすることが大切である。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。