文章を書くコツ

広告

Pocket

文章を書くというのはなかなか難しいものである。
社会人になると何かと書類を書くこともあったり、
学生のレポート指導というのも
なかなか難しいものである。

文章を書く上で最も意識すべき部分は
「相手に伝える」ということである。
相手に伝えるからには、
相手の時間をいただくということなので、
結論を明確にすることが必要不可欠である。

そして結論が明確になったら、
その結論の理由を3つ上げていく。
この3つというのがポイントである。
これは印象に残る限界を攻めたのが、
3という数字にあるからである。

3という数字は一番バランスが良い。
三国志、三位一体、三種の神器、三権分立、
徳川御三家、三大夜景など3は非常にバランスよく、
一番しっくりくる。
また人を説得するには最低3つは必要である。
インパクトでいうと1になるが、
説得力でいうと3になる。

理由を3つと決めれば、
あとは何を優先し、
どういう表現にすればいいかが集中できる。

まとめ

文章を書くときに一番に意識することは、
「相手に伝える」ということである。
そのためには結論を明確にすることと、
ポイントを3つに絞ることである。

それにより何を優先し、
どういう表現にすれば良いかがはっきりと決まる。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。