触診が感じにくい時の3つのポイント

広告

Pocket

施行時になかなか触診の感覚が感じられない時がある。
療法士の精神や身体のコンディションにも影響されるのだが、
うまくいかない時に見直すポイントが3つある。

まず一つ目は力みである。
力が入ることで、手の感覚に重要な
筋紡錘が適確に働かなくなってしまう。

二つ目は呼吸である。
息が止まっているということは、
力みが生じているということである。

三つ目は姿勢である。
姿勢が悪いと療法士の体は
インナーマッスルが働きにくく、
アウターマッスルが優位になる。
アウターが優位になることで、
筋紡錘が適確に働かなくなってしまう。

感覚が入らないということは、
筋紡錘が適確に機能していないということ。
筋紡錘が機能しないということは、
力んでいるということ。
よって自分で気づくためには、
力んでないか。
呼吸が止まっていないか。
姿勢が正しいか。
の3点を確認すると良い。

まとめ

また触診の感覚が感じにくい時は
3つのポイントをチェックする。
「力み」「姿勢」「呼吸」である。
この3つをチェックすることで、
力みなく筋紡錘が正常に働くことができるため、
触診の感覚は感じやすくなる。

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%b3

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。