超簡単に経済の話

広告

Pocket

経済はなんか難しい。
よくわからない指標や、カタカナが出てくる。
それにいろんな学者や評論家がいたりするのに、
なんでうまく経済は回ってなのか疑問だ。
そういったことは率直な疑問ではないだろうか。

銀行って何するところ

お金のことになると銀行が関わる。
銀行の本来の役割はこういったものだ。
お金を借りたい人にお金を貸す。
使う予定のない人が貯金をする。
その間に銀行が立つ。

借りたい人は借りた代わりに利子を払う。
また貯金した人は利子をもらう。
この利子の率がいわゆる金利というものである。

銀行はこの借りたい人と
貯金したい人の間に立ち、
その差額を利益とする。

しかし現在の仕組みは少し複雑になっている。
これが銀行の銀行にあたる中央銀行というものである。
中央銀行は日本の金融においての、
中枢的地位を占める銀行である。

国はたくさんの負債があるというのは、
ニュースでよく耳にするのではないだろうか。
国のお金が足りなくなったら、
銀行が国債を発行し何もないところから、
お金を生み出す。
しかしたくさん国債発行すると、
そんなに国債ばかり発行して大丈夫なの・・・?
と国民も心配になる。

そこで中央銀行の登場である。
中央銀行はまた何もないところから
お金を生み出す。
じゃあ中央銀行は大丈夫なのかという話になる。
それは国が保障しているので大丈夫なのである。
さらに国の天下り先にもなているので、
ある程度の融通が利くのである。

権力者と労働者

お金持ちは土地や原料や機械を持つ。
借金をすることで手に入れることも多いので、
借金を返さなければならない。

もともとは食べるために
お金を稼いでいた人間も、
発展していくと贅沢のためにお金を使う。
さらにお金を増やすために借金をし、
土地や原料や機械を買い、権力者となる。

現在の経済は借金が原動力になり、
お金は実際にないものの、
借金というもののために、
労働者を雇い、お金を払い、
さらに良い機械を買い、
人件費を抑え売り上げを
あげる仕組みとなっている。

借金がないと経済は回らない。
借金が原動力となり
経済を回しているといっても過言ではない。

そして権力者は多くの税金を納める。
累進課税といってたくさん儲ける人は
たくさん税金を払うことで
貧困層を減らす仕組みになっている。
2017年の最高税率は55%。
これはたくさん稼いでも、
税金でたくさん引かれてしまうため、
仕事のモチベーションが下がってしまう懸念がある。

その税金をもとに医療費や生活保護、
年金、介護、子育て支援など社会保障。
そして、道路や災害対策や公共整備などの
公共事業などのお金に使われる。

実は累進課税のため権力者は多くの税金を納めるが、
受けられるサービスはそれに対して少なく、
一般人は納める税金が少ないが、
受けられるサービスは多くなる。
みじかなところで言うと
ごみ収集や警察・消防、福祉などの公共サービスや
学校・公園・道路などの公共施設が当てはまる。

警察消防費は5兆3280億円(平成27年度)なので、
一人当たり約40,000円。
ゴミ処理費用は2兆3108億円(平成27年度)なので、
一人当たり約20,000円。
国民医療費の公費負担額は16兆4716億円(平成27年度)なので、
一人当たり約130,000円。
義務教育9年だけでも1人当たり
ざっと8,400,000円の費用がかかっている。

目に見えないところで多くのサービスを
無料で受けているものである。

市場社会

市場社会は権利者が土地・原料・機械を支配し、
国が法律や監視を行い、
労働者が労働力となりお金を貰い物を買う。
そのため、権利者は
「規制は反対!国に任せたら話が進まない。」
と言うし、労働者は
「所有権無くし、地域・組合・国家で管理すべきだと言う。」

どう言う仕組みが最も良いのかというのは、
今でもわかっていない。
不況で失業が増えたら競争不足だという話になり、
規制緩和をし、権利者や銀行を政府から解放する。
それでダメなら民営化だという話になる。
さらにダメなら労働市場の問題だということになり、
組合の干渉や福祉の足かせをとる。

経済というものは社会的な関係とお金のやりくり。
そこに労働者の動向や購買意欲など複雑に絡みあう。
ベンサムの言う最大多数の最大幸福を目指すのであれば、
やはり民主化が大切である。

民主化をチャーチルは
「欠陥だらけで間違いやすく非効率で腐敗しやすい。
ただ他の形態よりマシ。」と言っている。
権利者や銀行・労働者・国が
いかにバランスよく機能するか。
どういう形が貧富の差が少なく済むのか。
時代の変化や人々のニーズにともなって変わってくる。

今後の日本

これから社会は大きな変動が
起きることが予測されている。
先の予測というものは、
あまり当てにならないので
議論するのはナンセンスだが、
ほぼ間違いないものとしては人口構造がある。
そして人口に伴う国の発展は大きなブレない。

高齢化社会とテクノロジーの進歩。
さらなるグローバル化。
中国の台頭とアメリカ覇権の衰退、
その他として気候変動などが挙げられる。

それに伴い社会保障の負担増、
雇用の減少、経済縮小、
アメリカがアジアから影響力失う。
日本を嫌う中国の影響力増加。

単純労働はIT・人工知能・ロボットに変わる。
人々はより複雑な作業や、
精神的な要素が含まれるものに仕事が置き換わる。
変化はポジションを変えることで
チャンスにも変わるはずである。

自然とともに生きてきた人間。
まずは食べ物を確保することで一生懸命だった。
その後、食料の保存ができるようになり、
お金が生まれ物々交換から、
お金の取引に変わってくる。

造船の発達で貿易が生まれ、
産業革命により生産スピードが加速すると、
機械の購入を借金で行い、
借金を返すための労働に変わってきた。

市場社会になることで、
全てのものが商品になり、
お金で取引されるようになる。
共有地は私有地に。
公共のものは個人のものに。
経験的な価値はお金の価値に置き換わった。

ただお金は不幸をいくらか防ぐものの、
幸福に必要なのは豊かさではない。
お金ではない経験的価値を
いかに大切にできるか。
それを忘れてはならないと個人的に感じる。

まとめ

経済というものは社会的な関係とお金のやりくり。
権利者や銀行・労働者・国が
いかにバランスよく機能するかが重要となる。

銀行はお金を貸したり貯金したりの間にたち、
その差額で利益を出していたが、
国債の発行や中央銀行と国家による保証で、
信用を維持する関係を持つ。

権利者は土地・原料・機械を支配し、
国が法律や監視を行い、
労働者が労働力となりお金を貰い物を買う。

最大多数の最大幸福を実現するには、
やはり民主化しなければならない。

今後、日本も大きな変化を及ぼす。
単純労働はIT・人工知能・ロボットに変わる。
変化はポジションを変えることでチャンスにもなる。

ただ幸福はお金では買うことはできない。
不幸をいくらか防ぐことはできるが、
幸福に必要なのは経験的価値の
意味を見出すことである。

Photo by Icons8 team on Unsplash

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。