動作分析にこだわり過ぎない

広告

Pocket

体の動きを見て動作を分析する。
療法士の分野では
実習でも用いられるポピュラーなものである。
しかし、実際には容易なことではない。

体の動きを見て、何が原因なのか。
どこをよくすれば良いか。
それがわかれば達人の域である。

目で見たものは先入観が入りやすい。
膝の勉強したあとは膝に目が向くし、
股関節が悪いと思えばそのように見えてくる。
要するに知ってることと
意識しているものしか見えないのである。

このような分析をすれば良いという型がないので、
なかなか教えてもらう機会も少ない。
このような状態でどのように考えれば良いのだろうか。

動作が「おかしいな?」と思えば、
療法士は正常と比べて逸脱した動きを
捉えている状態と言える。
その逸脱した状態を先入観なしにとらえようと思えば、
動きの少ない関節を見つけることである。
動きの少ない関節は見つけやすい。
その周囲の関節は代償的に
動きが大きくなっているはずである。

その動きは痛み・可動域・筋力・心因性などの影響で、
代償動作を取らざる得なくなっている状態と考えられる。
そのため正常の動きに誘導した時に、
どんな症状が出現するかで、
問題となる症状が明確になる。
その症状が出現しなければ、
正常な動きが可能になるということである。

そこでは患者さんに聞くことが大切である。
「こう動くとどうですか?」
「痛いですか?それとも動かしにくいですか?」
そして評価で確認すれば良いのである。

それを遠目から見て、
「痛いのかな?あの辺りに可動域制限があるのかな?」
そんな予想をたくさんしたところで意味はない。
意味のない予想をたくさんするよりも、
影響の大きい問題を一つ見つけることの方が大切である。
それにはただ聞くことが大切なのである。

まとめ

動作分析というのは達人の域でないと難しい。
ただ動作から様々なヒントが見つかることもある。

見て先入観なしに確認しやすいポイントとして、
動きの少ない関節を見つけることである。
なんの理由かはわからないが、
そこの関節の動きが小さいことは事実である。
そして代償的にその周囲の関節の動きは大きくなっている。

そして正常な動きに誘導して、
どんな症状が出るのか患者に直接聞く。
その症状が痛み・可動域・筋力・心因性の
どの問題なのか。
予測をたくさん立てることよりも、
患者に聞くことで大きな問題の一つを
見つけることが大切である。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。