副運動と患者の感覚

広告

Pocket

関節副運動の感覚によって、
柔らかい関節と硬い関節そして炎症のある部位を把握する。
しかし、なかなか繊細な感触であり、
わかりにくい場合もある。
そういった場合は患者の感覚を確認するのも一つの方法である。

柔らかい関節は「痛気持ちいい」が、
”気持ちいい”のが強い感じがする。
硬い関節は「痛気持ちいい」が、
”痛い”が強い感じがする。
炎症の場合は「痛気持ちいい」感じはなく、
ただ「痛くて触られたくない」感じがする。

療法士の触診感と患者の感覚を合わせることで、
より炎症の部位を正確に捉え、
病期を間違えて悪化させるリスクを減らす。
また柔らかい関節と硬い関節をしっかりと判別し、
必要な部位に集中的にアプローチを行うことが可能となる。

まとめ

関節副運動は療法士の感覚が大切だが、
患者の感覚を確認することも有効である。
「痛気持ちいい」場合は痛さより
気持ち良さが強ければ柔らかい関節。
気持ち良さより痛さが強ければ硬い関節である。
また「痛くて触られたくない」感じは
炎症を示唆している場合が多いので注意が必要である。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。