脊椎と同一姿勢

広告

Pocket

脊椎は姿勢と非常に関わりが深い部分である。
姿勢の調整は無意識で自動的に行われる。
そのため、脊椎が”曲がっている”、
“ねじれている”などの情報は意識しなければ認識できず、
知らず知らずのうちに、
長時間同じ姿勢をとってしまうことがある。

生活においても立っている方が
しんどく感じやすく、
座っている方が楽に感じる人が多い。
立っているときは抗重力筋が無意識に働いており、
エネルギー消費量は大きくなっている。
それに対し、座っているときは
抗重力筋の活動は低下するも、
椎間板ストレスは大きくなっている。
座位姿勢はS字彎曲も減少しやすいので、
その影響も関連が深い。

長時間の同一姿勢は、
その姿勢を維持するために
各関節や筋は固定されるために硬くなる。
そのため座位姿勢が続いた場合は、
体は屈曲位で固定されるために、
立ったり座ったりの伸展の動きが制限され、
痛みや可動域制限から起因する筋出力低下などの
問題が生じやすくなる。

四肢を動かすことは意識しやすいが、
脊椎が曲がっているかどうかは意識されにくい。
これがセルフコントロールが
難しくなる理由ではないだろうか。

一日中脊椎を意識しながら過ごすことは、
どう考えても現実的ではない。
1日のうちにどの時間帯で痛みを感じることが多いか。
同一姿勢が長いのはどの時か。
こういった情報を参考にし、
どの時に意識すれば良いのかピックアップする。

多いのはテレビを見ている時、
椅子でリラックスしている時、
家事をしている時(手は動かしているが、
脊椎は曲がったまま捻ったまま
固定されていることが多い。)
同一姿勢が長いのはどの時か、
具体的にピックアップすることで、
精密なセルフコントロールが可能になる。

まとめ

四肢を動かすことは意識されやすいが、
脊椎が曲がっているかどうかは意識されにくい。
1日のうちにどの時間帯で痛みを感じることが多いか。
同一姿勢が長いのはどの時か。
こういった情報を参考にし、
どの時に意識すれば良いのかピックアップすることが、
セルフコントロールをする上で重要である。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。