胃の調子が悪い理由

広告

Pocket

胃の調子が悪い・・・。
これは誰もが感じたことがあるのではないだろうか。
ただ胃の調子というのは様々なものがあり、
それによって原因は異なるものになる。

胃の症状は様々だが、
胃荒れや機能低下、膨満状態のほか、
知覚過敏や逆流性食道炎まで様々である。
ではそれぞれの問題はどういった症状があるのだろうか。
まず症状を確認する際に、
食前と食後にどちらに症状があるか
というのは重要な目安となる。

食前と食後の症状

まず食前で症状がある場合は胃荒れが多い。
胃荒れは食前に症状があり、
胸焼けや吐き気の症状がある。
また食後に症状があるのは胃の機能低下である。
食欲不振や胸焼け胃もたれの症状がある。

食前で胃荒れ、食後で胃の機能低下があるが、
その他には食べ過ぎで胃の膨満感。
食前・食後に関係なしに出る吐き気は知覚過敏、
食前・食後に関係ないしに出る
胸焼けは逆流性食道炎がある。
ではそれぞれについて述べていく。

胃荒れ

ではそれぞれの症状の説明をしていく。
まず胃荒れだが刺激食品やアルコールまたはストレスで、
胃酸過多になった場合に胃の粘膜が荒れた状態になる。
胃の粘膜修復や胃酸分泌の抑制が重要である。

胃の機能低下

次に胃の機能低下についてだが、
体調やストレス加齢で胃の運動が低下する状態である。
胃の粘膜減少と蠕動運動減少により消化能力が減少し、
十二指腸に送られないのが問題である。
胃の運動機能が重要である。

膨満感

そして胃の膨満状態は食べ過ぎにより、
胃の負担が大きくなった状態である。
消化を助けることが重要である。

知覚過敏

また知覚過敏は吐き気症状が主体である。
ストレスや限度超えた飲酒かウイルスで、
防御反応による異常運動が生じたときに起こる。
鎮痛鎮痙が重要である。

逆流性食道炎

最後に逆流性食道炎は胸焼け症状が主体である。
胃酸の逆流や高齢・肥満・脂肪分の多い食事で生じる。
胃酸分泌の抑制が重要である。

まとめ

胃の症状もいくつかある。
食前と食後のどちらに症状があるのか。
どんな症状なのかが目安になる。
食前なら胃荒れ。
食後なら胃の機能低下である。
また食べ過ぎで胃の膨満感。
食前・食後に関係なしに出る吐き気は知覚過敏、
食前・食後に関係ないしに出る
胸焼けは逆流性食道炎がある。
それぞれによって対処は変わってくるので、
まず原因を明確にすることが大切である。
%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%b31

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。