雨の日の痛み

広告

Pocket

雨の日は調子が悪くなるという人が多い。
これは気のせいではなく、
気候によってカラダにも変化が生じるためである。
ではどういった変化が生じているのだろうか。

雨の日に生じる気候の影響は、
高い湿度と気圧の低下である。

高い湿度ではヒスタミンが増加する。
ヒスタミンは副交感神経が活性化し、
落ち込みや倦怠感が生じる。
また血管拡張が起こり、
軽度の炎症が生じやすくなる。

また気圧の低下は関節内圧に影響する。
カラダより外の気圧が低くなれば、
密封された関節は相対的に高くなり膨張する。
硬い関節があれば膨張した際に、
関節包が伸張され重だるい痛みを生じやすくなる。

このように高い湿度でヒスタミンの増加、
気圧の低下で関節内圧の上昇が生じる。

まとめ

雨の日は高い湿度でヒスタミンの増加、
気圧の低下で関節内圧の上昇が生じる。
ヒスタミンの増加は副交感神経を刺激し、
落ち込みや倦怠感。
また血管拡張により軽度の炎症が生じる。
また関節内圧の上昇により、
関節包が伸張され重だるい痛みが生じやすくなる。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。