姿勢とS字彎曲

広告

Pocket

同一姿勢をしていると肩が凝ったり、
腰が痛くなりやすい。
矢状面で屈曲位が強い椎体に負担は集中する。
その周囲の関節や筋肉が
こわばるのがいわゆる凝りである。

凝りは同じ姿勢で対応するために
体は対応し硬めているのだが、
それが鈍痛という副作用を生じさせる。

脊椎にはS字彎曲という強い武器がある。
車でいうサスペンションの働きをし、
そのクッションによって負担を1/10にもする。
S字彎曲を働かせるには
屈曲位というのは避ける必要がある。
曲げる部位を脊椎ではなく下肢にして、
脊椎はできるだけ屈曲位でなく、
正中位を維持するようにしていく。
(正中位を意識することで
生理的なS字彎曲になりやすい)

また左右非対称の姿勢を
維持しなければいけない場合は、
前額面でS字彎曲をとる。
その場合は上半身と下半身を逆に捻ることで、
いわゆる側彎をとることで対応する。
ただ側彎の場合は矢状面でのS字彎曲と比べ、
耐久性は低い。

矢状面のS字彎曲にしろ
前額面でのS字彎曲にしろ、
胸腰椎移行部の可動性が重要である。

同一姿勢をとるためには、
基本的には左右対称で正中位を意識する。
それが困難な肢位や動作の場合は、
側彎をとることになるが耐久性は乏しい。
何らかの違和感や張りを感じた時点で、
姿勢を変えるのが重要である。

まとめ

同一姿勢の維持にはS字彎曲が鍵になっている。
基本は正中位を意識すること。
また左右非対称な動作の場合は、
上半身と下半身を逆に捻った側弯をとる。
正中位と比べて耐久性は低い。
こうしたS字彎曲を形成するためには
胸腰椎移行部の可動性が必要不可欠である。
また何らかの違和感や張りを感じた時点で、
姿勢を変えることを気をつける必要がある。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。