外旋筋と絞扼性障害

広告

Pocket

手の痺れの訴えは結構多い。
脳・脊髄や神経根に問題があることもあるが、
それ以外の原因からくる痺れも多い。

改善する痺れの特徴

「痺れは良い時と悪い時がある。」
というような訴えであれば、
上記の脳・脊髄や神経根の問題は否定的である。
もし神経実質に問題があるなら、
症状が急激に変動することは考え難い。

検査によって特に問題がなかったり、
日によって良かったり悪かったりする痺れは
多くの場合、絞扼性障害によるものかもしれない。

上肢の絞扼性障害で頻度の多いのは、
胸郭出口症候群であるが、
その他に外旋筋のスパズムに伴う、
絞扼性障害がある。

絞扼障害に関わる外旋筋

外旋筋と他の筋で絞扼性障害を生じるのだが、
関連する筋としては
小円筋、大円筋、上腕三頭筋、上腕筋がある。
三角隙、四角隙、三頭筋裂孔の絞扼となる。
三角隙は小円筋、大円筋、上腕三頭筋による絞扼で、
動静脈の圧迫が生じる。
四角隙は小円筋、大円筋、上腕三頭筋、上腕筋による絞扼で、
動静脈と腋窩神経の圧迫が生じる。
三頭筋裂孔は大円筋、上腕三頭筋、上腕筋による絞扼で、
静脈と深部動脈、橈骨神経の圧迫が生じる。

肩関節周囲炎とともにこれらの神経症状が
誘発されることも多い。
これらの筋の痛みは肩甲骨後部と
上腕骨部に痛みを生じ動かすことを困難にさせる。
不動による可動域制限は肩関節の拘縮を生じ、
さらなる疼痛に関与する。

まとめ

検査により特に問題がなかったり、
日によって変化のある痺れは
絞扼性神経によるものも多い。

胸郭出口症候群以外にも
外旋筋が関連するものもある。
三角隙、四角隙、三頭筋裂孔が
絞扼されるポイントであるが、

関与する筋として小円筋、大円筋、
上腕三頭筋、上腕筋がある。
また動静脈の絞扼の他、
四角隙では腋窩神経、
三頭筋裂孔では橈骨神経が絞扼されやすい。

症状の根がどこにあるのか。
カラダのどの部分と繋がっているのか。
細く見るだけでなく広く見る視点も大切である。

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%b3

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。