臓器の働きと時間

広告

Pocket

カラダは一定のリズムによって動いている。
サーカディアンリズムと言われるのだが、
各内臓にも働きやすい時間帯がある。
働きやすい時間帯を知ることで
効果的に臓器を働かせたり、
負担を調節したりすることができる。

肝臓
午前中から昼前に最も活動が活発となり、
夜にはお休み状態になる。
肝臓の働きを考えると、
朝昼にしっかりと食べて、
夜は控えめにすると良い。


午前中から徐々に活発になる。
最も活動するのが昼から夕方になる。
夜は肝臓と同じく働きが落ちるので、
夜に食べ過ぎないことが大切である。

膵臓
消化酵素や血糖のコントロールに重要である。
早食いや大食いは負担になりやすい。
午後から活発になり18時ごろにピークとなる。
間食をするとすれば15時から17時あたりが良い。

腎臓
必要なものを再吸収し、不要なものを体外に排出する。
老廃物が多いほど腎臓の負担は大きくなる。
腎臓は夕方から夜にかけて活発化する。

まとめ

朝は肝臓や胃の活動性が高い時。
しっかり栄養を補給することができる。
昼は肝臓や胃に加えて、膵臓も活発になる。
脂質を摂るなら昼がオススメである。
膵臓の働きが15時から17時にピークになるので、
間食はこの時間帯が望ましい。
夜はほとんどの臓器がお休みになるので、
あまり内臓に負担をかけないものを摂るのが大切。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。