油と健康

広告

Pocket

油には様々な種類がある。
体にとってどういった種類のものを
選べば良いのか難しいところである。

油の種類で最近注目されているのが、
脂肪酸の種類である。
オメガ3、オメガ6、オメガ9、飽和脂肪酸。

オメガ6と飽和脂肪酸は過剰摂取になりやすい。
主な油で言えばオメガ6ではサラダ油、大豆油。
飽和脂肪酸ではラード、バター、肉の脂である。
特にオメガ6は炎症を誘発させる働きもあるので、
注意する必要がある。

不足しがちな脂肪酸としてはオメガ3である。
亜麻仁油、えごま油、魚油がこれに当たる。

また油は加熱に向いている油と向いていない油がある。
加熱に向いていないのはオメガ3とオメガ6。
亜麻仁油、えごま油、魚油であるオメガ3と、
サラダ油、大豆であるオメガ6である。

加熱に向いているのは、
オメガ9と飽和脂肪酸である。
オリーブオイルや菜種油であるオメガ9と、
ラード、バター、肉の脂である飽和脂肪酸である。

まとめ

脂肪酸はオメガ3、オメガ6、
オメガ9、飽和脂肪酸に分けられる。

オメガ6であるサラダ油や大豆油や、
飽和脂肪酸であるラード、バター、肉の脂は、
過剰摂取になりやすい。
特にオメガ6は炎症を誘発するため、
特に摂取には気をつける必要がある。

不足しがちなのは、
オメガ3とオメガ9。
オメガ3は亜麻仁油、えごま油、魚油。
オメガ9はオリーブオイル、菜種油。
非加熱ならオメガ3。加熱ならオメガ9。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。