新型コロナウイルスと日本

広告

Pocket

新型コロナウイルスの影響が続いている。
各国で多くの死亡者が出ているが、
人口が違うため
100万人あたりの死者数で見てみると

スペイン 569人
イタリア 505人
イギリス 469人
アメリカ 244人
ドイツ   90人
韓国     5人
日本     5人
中国     3人

感染者数は国別で比べることは参考にならない。
人口も違えばPCR検査数も違う。
死亡者数が最も重要な指標になる。

致死率で見るとエボラ出血熱の80%やMERS35%,
SARS10%をはるかに下回る。
世界保健機関(WHO)の報告によれば、
世界全体でみた致死率は今のところ3.4%である。

インペリアル・カレッジ・ロンドンの
MRC・GIDA(世界感染症分析のためのMRCセンター)では、
実際の致死率は1%としている。

日本の新型コロナウイルスでの死亡者は
557人となっているが、
インフルエンザや交通事故では毎年3,000人、
そう考えると死亡者数は抑えることができている。

新型コロナに対しては未知のリスクと言えるため、
各国ともに排外的な対処が多く見受けられる。
本来は科学的な対処をとるところが、
自国中心的な排外主義、大衆迎合した政治利用。
安全より安心に訴えかけるアプローチが多い。

命は大切であるが、経済を止めることによる
長期的な損害は計り知れない。
解雇に伴う生活苦、家のローン返済ができない、
生きるための賃金を得ることができない社会的な死。
個人に対しても大きくのしかかってくる。

日本の年間自殺者数は20,000人と言われている。
失業率が1%増えると自殺者は1,000人増えると言われる。
命を守ることは当然大事だが、
長期的な目で見ると経済を止めることによる影響は
新型コロナウイルスによる死よりも、
多くの死者を出すことになってしまう。

現在のところは国民の自衛意識も高まり、
経済を止めることの不安も実感している。
未知のリスクに対する高い見積もりも、
何を気をつければ良いか具体的になったことで、
不安感も徐々に軽減しているように感じる。

わかったこととしては死亡リスクの高い高齢者や
持病を持つ人に対する医療リソースの提供の重要性である。
リスクの高い人にどれだけ医療が提供できるか、
そのためには医療崩壊を防ぐことが最も大切である。

緊急事態宣言により感染者数を一旦抑え込むに成功した。
そして時間をかけることで、
医療リソースのダメージの回復を図っている。
人々の命と経済は決して別々のものではない。
その両面を維持しながらのアプローチは
非常に繊細で緻密な戦略が必要となる。

現在のところ日本はうまくやっている。
政治も国民も共通の目標をもとに、
大きな壁を乗り越えようとしている

Photo by Owen Lystrup on Unsplash

 

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。