運動器の機能を保つ

広告

Pocket

高齢化社会となり寿命が長くなる一方、
運動器の問題がピックアップされることが多くなった。
長年使っている関節や筋肉が問題を起こし、
痛みや筋力低下などから、
日常生活に支障を起こしてしまう状態である。

様々な運動や体操をして、
筋力を維持・向上しなければいけないと言われている。
ただ理想通りにいかないのが人間である。
“調子がよくなる”理由というのは複数の因子の結果であり、
どうすれば良くなるかというのは、
実はなかなか予測することは難しい。
“攻め”というのは多くの因子の影響の掛け合いで、
一つの因子のみではどうにもならないことも多い。

それに対してどうすれば”悪くならないか”というのは、
まだ予測を立てやすいものである。
いわゆる”守り”になるのだが、
スポーツでもまずは”守り”から学ぶことが多い。
“守り”はある程度セオリーが単純である。
“攻め”に関しては個人の能力、チームの状況、敵チームの状況、
天候、コンディションまたコンディションも細かく分けると、
睡眠状態、食事、排便、心理面など多くの要素が関係する。
こうしたものを全て合わせていくことは不可能に近い。

要するに運動器を高めることよりも、
低下させないことを考える方が
セオリーが立てやすいのである。
では運動器を低下させないために
気をつけることはどういったことなのだろうか。

運動器は同一肢位によって機能は低下する。
それは時間的持続によって
タンパク質の生成適応が生じる1)ためと言われる。
簡単に言えばその形で固まってしまう。
それを防ぐためには同じ運動や姿勢を続けるのではなく、
定期的に様々な方向に動くことが大切である。
関節の運動刺激が多様になることで、
望ましい様態を保つことができるである。

関節を20分以上屈曲させた場合、
回復に40分以上かかる2)と言われている。
これは軟部組織の変性によるもので、
一定の姿勢を1時間以上保つのは望ましくない。

まとめ

運動器の機能を保つためには、
運動によりよくしていくと考えるより、
同一肢位を避け様々な方向に動くことが大切である。
タンパク質の生成適応による軟部組織の変性により、
体が固まってしまった状態を作る。
1時間以上の一定の姿勢は望ましくない。
同じ運動・姿勢が続く状態では
健全な機能を維持するのは難しい。
様々な方向へ運動を起こすことが運動器を
望ましい様態に保つのに必要不可欠である。

1)Hebert R:Preventing and treating stiff joints. In
Crosbie J,McConnell J,editors:Key issues in
musculoskeletal physiotherapy, Sydney,1993,Butterworth-Heinemann
2)McGill SM,Brown S:Creep response of the lumbar
spine to prolonged full flexion, Clinical Biotech 7:43,1992

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。