荷重のかかる部分

広告

Pocket

同一肢位をとっていると体は硬くなる。
横からみて曲がっている部位が特に硬くなりやすい。
座位でいうと下部頚椎や胸腰移行部などがそれに当たる。

硬くなる部位は曲がっている部分以外に、
荷重のかかっている部分にも生じる。
股関節や仙腸関節がそれにあたる。

座位姿勢が続くとその荷重は、
仙腸関節や股関節に集中してかかってくる。
仙腸関節や股関節が硬くなると、
立ち上がり時や歩行時に問題が生じやすい。
しばらく座っていて立ち上がり時に痛みを生じやすかったり、
歩きにくくなるのはそれが一つの要因である。

しばらく歩いていて症状が軽減するのは、
硬さが動くことでほぐれてくるからである。

動きすぎて痛くなるのは意識されていることが多いが、
じっとしていて調子が悪くなる理由はあまり知られていない。
同じ姿勢がなるべく続かないように、
普段の生活を気をつけてることが大切である。

まとめ

荷重のかかる部分は硬くなりやすい。
座位が長時間になった場合には
股関節や仙腸関節が硬くなりやすい部分となる。

立ち上がりや歩行時に問題が生じるのも、
それが原因の一因となる。
しばらく歩くと徐々にほぐれて、
症状が緩和されることも少なくない。
同じ姿勢が続かないように気をつけることが大切である。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。