ラテラルスラストは外反を促通

広告

Pocket

立脚期に関節内側裂隙部の疼痛が
出現することは多い。
これは膝のラテラルスラストによるものである。
ラテラルスラストは立脚初期に膝が内反することで、
膝内側部の大腿骨と脛骨の距離が近づくことで生じる。
ラテラルスラストは膝の内反によって生じるので、
外反を促す筋を促通すると良い。

膝の外反を促すためには、
股関節は内旋、下腿は外旋させる必要がある。
股関節の内旋は股関節内転筋群、大腿筋膜張筋、
中殿筋の前方線維の働きが重要である。
また下腿の外旋は内側広筋と
大腿二頭筋の働きが重要である。

また症状が長期化している場合は、
腸脛靭帯や外側側副靭帯の緩みがあるため
装具によってそれをカバーしていくことも重要である。

まとめ

膝の内側関節裂隙部の疼痛は、
ラテラルスラストからくるものも少なくない。
ラテラルスラストは立脚初期の膝の内反が原因となるので、
外反を促進するために股関節は内旋、
下腿は外旋する必要がある。

股関節の内旋は股関節内転筋群、大腿筋膜張筋、
中殿筋の前方線維の働きが重要である。
また下腿の外旋は内側広筋と
大腿二頭筋の働きが重要である。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。