膝の痛みと大腿筋膜張筋

広告

Pocket

膝の痛みといえば
関節裂隙部の疼痛が一般的だが、
筋筋膜性の疼痛も少なくない。
膝の内側部である鵞足や内側広筋の疼痛や、
逆に外側である大腿筋膜張筋の疼痛もある。

触診すると過緊張になっているのだが、
なぜ過緊張になっているのかによって
アプローチは変わってくる。

ただ単純に使いすぎて過緊張していることもあるが、
反対側の筋出力が低下した際に
相反抑制で過緊張が起きることも多い。
また筋膜連結で他の硬い部位の影響で、
緊張していることも多くある。

相反抑制で過緊張が起こるときは、
内側の筋が過緊張していれば
外側の筋の筋出力低下。
外側の筋が過緊張していれば
内側の筋の筋出力低下を確認する。

また大腿筋膜張筋の過緊張とそれに伴う、
筋出力低下は頻度が多い。
大腿筋膜張筋の筋出力低下は
歩行時立脚期の外側不安定性が出現する。
内側の筋の過緊張の原因になったり、
ラテラルスラストの原因となるため、
膝の痛みとも関係が深い。

まとめ

膝の痛みの中には大腿筋膜張筋が関与していることも多い。
過緊張により筋出力が低下すると、
相反抑制で内側の筋が過緊張して疼痛が出現する。
また大腿筋膜張筋の筋出力低下が、
歩行時立脚期の外側不安定に関係し、
ラテラルスラストにも関わってくる。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。