膝の痛みと股関節

広告

Pocket

膝の痛みに実は股関節も関係してくることが多い。
股関節と膝関節の関連性は運動連鎖として
いくつかの報告ので知っている人も多いかもしれない。

股関節と膝関節は位置的にも近いので
運動連鎖の影響を受けやすい。

運動連鎖の影響

股関節の可動域制限や副運動低下が生じると、
股関節の伸展モーメントが減少する。

歩行時の股関節の伸展が低下すれば、
立脚中期から後期の股関節伸展が減少する。
地面を蹴ることができなくなるので、
股関節を外旋させて外旋モーメントで補うか、
体幹を前傾させて重心を前方に位置させる代償をとる。

外旋モーメントを用いるとラテラルスラストが助長され、
膝の関節裂隙部分にストレスがかかり疼痛を誘発しやすくなる。
体幹の前傾させた場合も膝関節の荷重量が増加し、
関節部分に疼痛を生じやすくなってしまう。

筋膜連結による影響

また運動連鎖以外にも筋膜連結による影響がある。
股関節の副運動低下は大殿筋やハムストリングス、
大腿筋膜張筋の過緊張とともに、
筋出力低下を及ぼす。
これらの筋出力低下は伸展モーメントの減少、
ラテラルスラストの助長につながる。
また外側の筋力が低下すれば、
相反抑制の影響で内側の筋が過緊張を生じる。
内転筋や鷲足部の過緊張や疼痛に関与することもある。

まとめ

このように股関節は膝関節と運動連鎖や
筋膜連結により影響し合うことになる。
膝の疼痛の改善には必要不可欠であるとともに、
膝が炎症している時であっても
股関節にはアプローチすることができる。

歩行の際の伸展モーメントの低下や、
股関節外旋、前傾姿勢などの影響の一つとして、
考慮していくことは重要かもしれない。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。