1日4400歩でいい

広告

Pocket

1日4400歩でも効果!
これは2019年5月に発表された。

1万歩も歩かなくてもいいのか。
1万歩とはなんだったのか・・・。
そういった疑問も湧いてくるが、
少なくて良いのは悪いことではない。

米ハーバード大学医学大学院の研究

米ハーバード大学医学大学院の
グループが行った研究で、
平均年齢72歳の人は1日歩数が、
4400歩の人は2700歩程度の人と比べ、
全死亡リスクが41%低いことが明らかになった1)。

この研究は米国の大規模コホート研究
「Women’s Health Study(WHS)」に参加した
平均年齢72歳の健康な高齢女性
16741人を対象にしたものである。

2011-2015年の間に活動量計を7日間つけ、
歩数と歩行強度を測定。
平均で4.3年間追跡し死亡リスクとの関連を調べた。

対象女性は平均歩数で4つのグループに分類、
1日歩数の中央値は「2718歩」「4363歩」
「5905歩」「8442歩」
分析の結果、最も少ない歩数のグループと比べ、
最も多いグループでは全死亡リスクが58%低く、
2番目に多いグループでも46%、
3番目に多いグループでも41%、
それぞれ優位に低いことがわかった。
(P<0.01)

頭打ちは7500歩

1日の歩数が増えるほど死亡リスクは低下するも、
1日7500歩前後で頭打ちになることが示された。

また歩行強度と死亡リスクとの間には
優位な関連は認められなかった。

同大学院内科教授のI-Min Lee氏は
米国成人の1日平均歩数は4000-5000歩であるが、
「1日1万歩」の根拠は不明だという。
起源として日本の万歩計に
あるのではないかと説明している。

今回の研究結果は1日の歩数と
死亡リスクの低減との関連を示したに過ぎないが、
Lee氏は日常的に身体を動かすと、
血圧や血糖、コレステロール値が改善し、
思考力や記憶力、QOLが
上がるのは明らかだとしている。

またジムに通うことも必要なく、
階段を登ったり、
ペットの散歩をする程度で十分だと助言している。

まとめ

研究では1日4400歩程度でも、
全死亡リスクが優位に下がり、
7500歩で頭打ちになることが明らかとなった。

これは1万歩も歩く必要ないし、
健康に対して運動をするというのも、
強度はあまり関係無い。

歩数を目安にすることで、
容易に指導することができることを示している。

「運動してますか?」という漠然とした質問より、
「何歩ぐらい歩いてますか?」の方が、
客観的にも確認しやすい。

4400-7500歩程度で推移すれば、
適度な運動をしていると
説明しても良いかもしれない。

何れにしても運動を簡易な方法で測定できること、
そして強度に関係無く、
歩数もそんなに多く無くて良いことは、
朗報である。

1)I-min Lee,MBBS,ScD;Eric J.Shiroma,ScD;
Masamitsu Kamada,PhD;et al,Association
of Step Volume and Intensity with All-
Cause Mortality in Older Woman.
JAMA intern Med.Published online may 29.2019

Photo by Arek Adeoye on Unsplash

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。