日常生活の影響

広告

Pocket

アプローチを行なって一時的に改善を見せるが、
時間とともに症状が再燃することは少なくない。
これは改善よりも悪化の影響の方が強いためである。

例えば姿勢が悪いとカラダは
その形のまま固まってしまうとする。
「同じ姿勢をしている時間」と「体操などでほぐす時間」
を考えてもどちらの時間の方が長いかわかると思う。
さらに年齢とともに体は硬くなりやすく、
元の状態に戻るまでの時間は長くかかる。

そのことを踏まえると
「どの体操でよくなるか」より
「何で悪くなるか」を考えたほうが大切である。
よくなることを増やすより、
悪くなることを減らすことが実は重要なのである。

「どういう時に痛くなるか。」
「その時はどういった姿勢か。」
は悪くなる動作や姿勢を表している。
「カラダの可動域制限はどの方向なのか。」
可動域制限がない方向にカラダはいることが多く、
可動域制限のある方向にはカラダはあまり向けていない。
また坐位や立位では屈曲位の部分と
荷重のかかっている部分が可動域制限を生じやすい。

患者の言葉と療法士のモニタリングで、
いかに問題となる動作や姿勢を特定するかが、
改善の上で最も大切なことではないだろうか。

評価と治療の考え方

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。