座位においての良い姿勢

広告

Pocket

座っていることが長い人ほど、
座る姿勢が重要になってくる。

座った姿勢では曲がっている脊椎や、
体重を乗せている股関節に負担がかかる。
時間が経てばその位置で硬くなる。
硬くなった脊椎や股関節があれば、
立ったり座る時に痛みを生じやすくなる。

負担の少ない姿勢というのは、
いわゆる良い姿勢と言われるものだ。
良い姿勢というのは
背中が伸びている姿勢である。
背中が伸びるというのは、
後ろに反るわけではなく、
上に伸びている状態をいう。

また長時間同じ姿勢をするためには、
外層の筋よりも内層の筋を
活動させることが必要である。
内層の筋は赤筋が多いため持久力に優れる。
リラックスをしながらも、
お腹の奥には力がわずかに入る感じが重要である。
緩め過ぎず、力み過ぎずのところである。

ただ良い姿勢をしようとしても、
痛みや可動域制限があれば困難である。
良い姿勢を促した時に
どこが痛くなるのか。どこが動かないのか。
こうしたことを確認すれば、
それがアプローチ対象になる。

実際には同じ姿勢というのは、
同一部位に負担がかかるので、
あまりよくはない。
良い姿勢であったとしても、
同じ姿勢を取り続けるというのは、
どうしても負担はかかってくる。
良い姿勢の方が長持ちしやすいだけであり、
いろいろな姿勢に変えていくことが大切である。

まとめ

座っていると、脊椎や股関節に負担がかかり、
硬くなってくることが多い。
良い姿勢は背中を反らすのではなく、
背中が上に伸びた状態で、
お腹の内層にわずかに力が入った状態である。
良い姿勢をするためには、
痛みがなく可動域制限がないことが大切である。

ただ良い姿勢というのは、
長持ちしやすいことはあるが、
負担がかからないわけではない。
いろいろな姿勢に変えていくことは、
日常生活でも意識していく必要がある。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。