筋の可動域制限の要因

広告

Pocket

筋肉の可動域制限は3つの要素が関係する。
一定方向の線維の硬さを直列弾性要素。
網目状の線維の硬さ(液体の要素も含む)が並列弾性要素。
そして神経を介して筋肉の収縮による収縮要素である。

直列弾性要素では筋や腱の弾性要素が含まれる。
筋フィラメント、コネクチン弾性、
クロスブリッジなどである。
一定方向の線維の硬さが特徴である。

並列弾性要素では筋膜、血管、筋小胞体、細胞膜が含まれる。
また水分やプロテオグリカンなどの液体要素も含まれる。
網目状の線維の硬さが特徴である。

収縮要素では筋の収縮が含まれる。
筋の収縮は神経による影響が関わってくる。

直列弾性要素と並列弾性要素は物理的なバリアーであり、
収縮要素は神経的なバリアーである。
直列弾性要素と比べ並列弾性要素の方が柔らかい。
可動域制限の早期では収縮要素の影響が強く、
次に並列弾性要素、そして直列弾性要素と波及していく。
時間がたつほど強固な可動域制限が生じ、
改善が難しくなる理由はここにある。

筋の可動域制限は頻度の多い問題である。
何に対してアプローチしているか知ることは、
アプローチのわずかなタッチや操作の質に影響する。
より質の高いアプローチには必要不可欠である。

まとめ

筋の可動域制限には直列弾性要素と並列弾性要素、
そして収縮要素の3つがある。
直列弾性要素は一定方向で、
並列弾性要素は網目状の制限を示す。
この二つは物理的なバリアーである。
それに対して収縮要素は神経的なバリアーである。

可動域制限が生じる順としては、
収縮要素から並列弾性要素、
そして直列弾性要素の順となることが多い。
そして時間がたつほどに強固な制限となり、
改善が困難となりやすい。
アプローチの質を高めるためには、
これらの何に対してアプローチしているのかを
理解する必要がある。

1)石井直方:筋の弾性と柔軟性.吉岡利忠.他(編):筋力をデザインする.
杏林書院,2003.pp169-186

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。