脊椎の歪みか硬さか

広告

Pocket

脊椎や骨盤の歪みは目に見えやすいので、
気になる人も多い。
実際には日ごろとっている姿勢の形で
硬くなっていることが多い。

ただ歪んで硬くなっている位置を
無理やり戻そうとしてもなかなか難しい。
硬くなっているので動かなかったり、
無理やり動かすことで痛みが出たり、
また無駄に力が入ってしまい
短時間にできるものの
長時間はとても無理な状態である。

そう考えると歪みを戻すと考えるより、
硬さを改善することが大切である。
歪んでいる部分でも硬くなっていないところは
アプローチする必要はない。
歪んでいて硬くなっているところは
関節の可動性を改善することで、
元の歪みのない位置に戻ることができるようになる。

脊椎は上部の椎体から下部の椎体まで、
重なり合いながら位置関係を維持する。
そのため上部の椎体が下部の椎体の位置に影響し、
下部の椎体が上部の椎体にも影響する。
硬さを改善することで、
適切なアライメントになりやすいよう、
促すことがアプローチを考える上で重要である。

まとめ

脊椎や骨盤の歪みは硬さを改善することが大切である。
歪んでいるのは、同じ姿勢をとっていることが原因で、
そして関節が硬くなっているので歪まざる得ない状態と言える。
よって歪んだものを戻すという視点よりも、
硬くなった関節を特定し、
硬さを改善することを考える視点が大切である。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。