問診からの展開

広告

Pocket

患者との会話を通じて、状態を把握していく。
何よりはじめに患者さんとの会話のつながりが
今後の評価やアプローチには重要となる。

聞き取る内容は
「不安なこと」「困っていること」の二つである。

まず患者の「不安なこと」を聴きとることで
精神的な要素を把握することができる。
現実的な解決はもちろん大切だが、
患者は目に見えない不安や恐怖を
なんとかしたいと思っていることを忘れてはならない。
何が起きていて、どのようになるのか。
自分の何が悪くて、療法士には何を手助けしてもらえるのか。
具体的にしていくだけでも患者の気持ちは楽になるし、
何より患者と療法士の気持ちを共有できる。
その時の共感がまず信頼関係の第一歩にもつながる。
大切なことだが現実的な解決を考えると
つい忘れがちになること。今一度確認が必要である。

次に「困っていること」を聴きとることで
現実的な要素を把握することができる。
これにより具体的に何を対処すればよいのかが見えてくる。
困っていることがどういうときに起こるのか。
座っている時か立っている時なのか。
動いている時か休んでいる時か。
それによりどの動作に問題があるのか
把握することができる。
動作を改善することが生活レベルの活動や参加を
促すことにつながるのでこの部分は重要である。
また会話の中から社会的背景も理解しておくことで
その動作の頻度や必要性も確認することができる。

この「不安なこと」と「困っていること」は
相手の視点が精神的要素に向いているのか、
現実的要素に向いているのかを見る指標にもなる。
それによりこちらの言葉も抽象的な言語を選択するか。
具体的な言語を選択するのか説明の内容も変わってくる。
あえて質問を曖昧にして
「何か気になっていることはありますか?」
と聞くことで精神的要素か現実的要素のどちらが強いか
確認していくこともできる。

「不安なこと」「困っていること」を
質問により具体的にしていき、
患者のデマンドやニーズとずれのない
会話や説明ができるようにしていく。
これによりより満足度の高い
アプローチにつながるのではないだろうか。

問診からの展開

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。