腰部神経症状の対処

広告

Pocket

腰痛にも色々な症状があるが、
神経の症状が混在する場合は
困惑することも多いのではないだろうか。

神経症状の中でも日によって症状が変化する場合は、
神経実質の障害や瘢痕が主体というわけでなく、
神経がその他の構造体による
一過性の絞扼を生じている可能性が大きい。

こういった神経症状の場合、
どの運動方向で症状が悪化し、
どの運動方向で症状が軽減するのかを
確認することが大切である。

例えば右下肢側に症状がある患者がいる。
下部腰椎の伸展もしくは反対側(左側)への回旋で
症状が誘発される場合は、
後方からの神経の絞扼が疑われる。
すべり症や脊柱管狭窄症などが多い。
また逆に屈曲および同側(右側)への回旋で
症状が誘発される場合は、
前方からの神経絞扼が疑われる。
椎間板症や椎間板ヘルニアなどが多い。

後方からの神経絞扼では、
感覚神経の割合が多いので、
痙攣(引きつり感)、痛み、
しびれなどの訴えが多い。
また前方からの神経絞扼では、
運動神経の割合が多いので、
筋力低下などの訴えが多い。
この場合、屈曲や同側へ回旋した肢位で、
筋力を評価すると明確になる。

症状の出現する運動方向を確認することで、
悪化する運動方向が理解できるため、
改善する運動方向が理解できる。

まとめ

腰部神経症状を確認するためには、
腰部の腰椎の伸展もしくは反対側(左側)への回旋で
症状が誘発されるか。
もしくは屈曲および同側(右側)への回旋で
症状が誘発されるか確認する。

腰椎の伸展もしくは反対側(左側)への回旋で
症状が誘発される場合は
後方からの神経の絞扼が疑われる。
すべり症や脊柱管狭窄症などが多く、
感覚神経の割合が多いので、
痙攣(引きつり感)、痛み、
しびれなどの訴えが多い。

また屈曲および同側(右側)への回旋で
症状が誘発される場合は、
前方からの神経絞扼が疑われる。
椎間板症や椎間板ヘルニアなどが多く、
筋力低下などの訴えが多い。
この場合、屈曲や同側へ回旋した肢位で、
筋力を評価すると筋力低下が認められる。

運動方向とそれに伴う症状を把握することで、
悪化する運動方向と改善する運動方向が明確になり、
アプローチを行う上での有益な情報となる。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。