コミュニケーションの対応

広告

Pocket

コミュニケーションが得意という人はほとんどいない。
人によって色々な人がいるので、
どうしても得意な人もいれば苦手ない人もいる。
そうした中で誰とでもうまくやるには、
至難の技である。

ただ療法士はたくさんの方々と
密度の高い関係性を築くことも必要になるので、
ある程度できる必要がある。

コミュニケーションで大切なのは、
やはり信頼関係を気づくこと。
それには相手と共通の部分が
どれだけあるかが近道である。

出身が同じ。知り合いが同じ。趣味が同じ。
興味のあるものが同じ。大切なものが同じ。
そんな共通点があれば話は盛り上がる。
実際には人それぞれなの全てが同じわけがない。
しかし、様々な知識や経験があれば、
相手の大切にしているものも共感できるようになる。

相手と良い関係を気づきたいのであれば、
それを相手にうまく伝えることが必要不可欠である。
この共通の部分を大切にすることと、
うまく伝えることがコミュニケーションのコツになる。

コミュニケーションには言語と非言語がある。
相手の印象というのは実は言語よりも、
非言語的なコミュニケーションのほうが割合が多い。
よって非言語的なコミュニケーションにおいて、
相手と共通の部分を作っていくことが、
相手への安心感や共感性には重要である。

まずミラーリング。視覚に働きかけるが、
鏡のように相手の表情やしぐさを近づけることである。
相手に近い表情やしぐさをすることで、
相手は自分の気持ちを受け入れてくれてると感じる。

そしてペーシング。今度は聴覚に働きかけるが、
相手の声のスピードやトーン、リズムを合わせる。
相手がゆっくり話しているのに、
早口で返すとわかってもらえない気がする。
相手に近い声の調子で話すことで、
相手は親近感を感じることができる。

あと言語による方法としては、
バックトラッキングがある。
簡単にいうとオウム返しである。
相手の言葉は基本的に否定せず、
肯定し同じ言葉を使うことで、
同調し共感を得ていく。

相手に対してリラックスをして、
好意を持つとこれらは自然とできるのだが、
緊張したり嫌悪感を持っていたら難しい。
緊張していたり嫌悪感を持っている人に、
関わるとろくなことがないことは
生理的に知っているので、
その人とは関わりたくないと思うのが本音である。

自分が相手と良い関係を築きたいという気持ちは大切である。
ただ気持ちだけでは相手には伝わらない。
相手に伝わるために自分のしている表現をもう一度見直し、
うまくいかない時の反省材料にすると良いかもしれない。

まとめ

コミュニケーションで大切なのは
共通の部分を大切にすることと、
うまく伝えることである。

非言語コミュニケーションでは、
ミラーリングで視覚的に働きかけ、
ペーシングで聴覚的に働きかける。
言語コミュニケーションでは
バックトラッキングで対応する。

相手と良い関係を築くためには、
その気持ちをうまく伝えることが大切である。
うまくいかない時には、
今一度自分の表現を見直してみるのが良いかもしれない。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔
岡山のクリニックで理学療法士として勤務。
“痛み”に対して
日常生活のコントロールの重要性を提唱している。