膝内側裂隙の疼痛対処

広告

Pocket

膝の痛みは多い症状である。
その中でも荷重時痛は
歩行のモチベーションが大きく下がる、
非常に辛い症状である。

なぜ痛いか?

歩行時に下肢が外旋傾向になると、
膝の内側裂隙は狭小化される。
いわゆるラテラルスラストが起こる。
軟骨には痛覚はないので、
その狭小化された状態で歩行を続け、
軟骨の摩耗による骨膜刺激が
疼痛に影響すると考えられる。

対処法

このように下肢が外旋傾向になり、
膝の内側裂隙が狭小化した場合の
対処はどうすれば良いのだろうか。
この場合シンプルに下肢を内旋位で歩くことで、
膝の内側の狭小化は減少し疼痛は軽減する。

あとは下肢を内旋にするために必要な
運動連鎖の改善が補助的なアプローチになる。
同側立方骨の頭側の滑りや腰椎の伸展なども
影響として大きい。
これらの可動域制限があると
下肢の内旋が困難になるためである。

まとめ

膝の痛みにはいろいろな種類があるが、
内側裂隙の痛みの場合は
下肢を内旋位にすることで軽減する。
また運動連鎖を考えた
補助的なアプローチも考慮すれば
より効果的なアプローチができるのではないか。

%e7%84%a1%e9%a1%8c-2

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。