副運動低下しやすい関節(上半身/前面)

広告

Pocket

上半身の痛みの訴えは比較的多い。
肩・首の痛みや腕の痛みなどがある。
痛い部分を触診すると筋の緊張感が認められ、
その筋を収縮させたり弛緩させると、
疼痛を誘発することができる。

ただ緊張した筋をマッサージしても、
なかなか改善が認められない場合や、
一過性の改善によりすぐに戻る場合が多い。

過緊張した筋が痛いのだが、
原因は過緊張した筋ではなく
周辺の関節であることが意外にも多い。

肩や首症状としては第一肋骨や頚椎椎間関節が関係しやすい。
頸板状筋、斜角筋、僧帽筋上部線維などが緊張する。

また体幹の前面の症状になると、
上部胸肋関節や肩鎖関節が関係しやすい。
胸や上腕前面に疼痛が出現するので、
大胸筋や小胸筋、胸鎖乳突筋や上腕二頭筋などが緊張する。

さらに前腕部の痛みとして、
撓尺関節や手根関節が関係しやすい。
橈側手根伸筋や拇指伸筋などが緊張する。
またこれらの関節は筋膜連結で、
上腕二頭筋など離れた筋を過緊張させることも多い。

まとめ

筋の緊張は筋そのものの問題よりも、
周辺関節の影響であることが多い。

硬くなる関節として、
第一肋骨や上部胸肋関節、肩鎖関節、
撓尺関節、手根関節などが挙げられる。

筋の過緊張のチェックとともに、
関節の副運動のチェックもできれば、
より効率的なアプローチが可能になるのではないだろうか。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。