身体を修復するコラーゲン

広告

Pocket

怪我や使いすぎで身体を傷めた場合、
時間とともに修復されることになる。
傷んだところが修復されるために、
重要なのはコラーゲンである。

コラーゲンにはいくつかタイプがあり、
それぞれの組織によってタイプが分かれる。

コラーゲンのタイプ

コラーゲンにはいくつかのタイプがあり、
脊椎動物では30種類のタンパク質を
有することが報告されている。

体内で最も豊富に存在しているのは、
タイプ1である。

腱や靭帯はタイプ1
関節包はタイプ3
筋肉はタイプ5
といった割合が多い。

損傷して修復初期では、
タイプ3の分泌が多い。
タイプ3は細い線維で、
組織に柔軟性を与える。

そして2週間経過するとタイプ1の分泌が生じる。
タイプ 1は組織に弾力性を与える。
それにより徐々に損傷組織は強固になる。

コラーゲンのクロスリンクは
1ヶ月で60〜70%程度と言われる。
筋肉に多いタイプ5は
基盤ができるのに約1ヶ月。
張力が最大になるためには2〜3ヶ月かかる。

修復を阻害してしまうと

修復を阻害してしまうと
どうなるのだろうか。

通常は外傷直後で細い線維である
タイプ3が分泌され、
2週間程度でタイプ1の分泌が生じる。

もし炎症や低酸素状態になると、
成熟したコラーゲンでなく、
未成熟なタイプ3やタイプ4などが、
多くなってくる。

そのため、損傷して間がない状態で、
無理に痛みのある動作を
繰り返さないことが大切である。

まとめ

組織の修復には
コラーゲンの存在が重要である。

各組織によってコラーゲンの割合が違うが、
腱や靭帯はタイプ1
関節包はタイプ 3
筋肉はタイプ5
といったのが特徴的である。

外傷を生じると、
まずタイプ3の分泌が生じ、
約2週間でタイプ1が分泌する。

クロスリンクは1ヶ月で60〜70%であり、
筋肉のコラーゲンタイプ5は基盤ができるのに、
約1ヶ月。張力最大になるのには2〜3ヶ月かかる。

もし炎症や低酸素が続いた場合は、
タイプ3やタイプ4といった、
未成熟なコラーゲンが増えてしまう。

急性の炎症を伴う疼痛の場合は、
悪化する動作や姿勢は極力防ぐ必要がある。

1)Davidson JM:Wound repair.In:Inflammation,Basic
Princeples and Clinicalcorrelates.2nd ed
(eds by Gallin JI,Goldstein RM & Snyderman R).
pp809-819,Raven Press,New York,1992
2)Ricard-Blum, Sylvie, and Florence Ruggiero (2005).
“The collagen superfamily: from the extracellular
matrix to the cell membrane”.
Pathologie Biologie 53 (7): 430-442.
3) Kadler, Karl E., et al. (2007). “Collagens at a glance”.
Journal of cell science 120 (12): 1955-1958.
4)Myllyharju, Johanna, and Kari I. Kivirikko (2004).
“Collagens, modifying enzymes and their mutations in humans,
flies and worms”. TRENDS in Genetics 20 (1): 33-43.

Photo by Billy Huynh on Unsplash

広告

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。