腰痛と運動方向

広告

Pocket

腰痛には疼痛の出現する運動方向がある。
座っているような屈曲肢位が多いと、
症状が誘発するタイプ。

立っていたり、上向きで寝たりした
伸展肢位で症状が誘発されるタイプ。

また右や左に腰を捻っているとき、
回旋肢位で症状が誘発されるタイプ。

それぞれのタイプによって、
改善する可動域の方向や緩める筋肉が変わってくる。
(混在するタイプも比較的多い。)

またこのような腰椎の過剰な運動性には
胸腰椎移行部の椎間関節や
股関節の可動域制限があることも多い。
これらの可動域制限は
腰椎の過剰な運動性を助長させてしまう。

基本的にはどの運動方向で症状が誘発されるのかを評価し、
その反対方向にもっていくことで症状は軽減される。
さらに胸腰椎移行部の椎間関節や
股関節の可動域制限がないか確認し、
可動域制限があれば改善していくことが必要となる。

まとめ

腰痛には屈曲タイプ、伸展タイプ、
左右の回旋タイプが存在する。
どの運動方向で症状が誘発されるかを確認できれば、
症状の軽減を図る運動方向が明確になる。
また腰椎の過剰運動性を助長させる、
胸腰椎移行部、股関節の可動域制限も見逃すべきではない。
腰痛に関してはこのような運動連鎖による考えが、
必要不可欠となる。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

藤原大輔 岡山のクリニックで理学療法士として勤務。 "痛み"に対して 日常生活のコントロールの重要性を提唱している。